アイラッシュとカラコンと美容室と私

瞳の黄金比率

カラーコンタクトレンズで瞳の色を簡単に変えることが若い女性の間で流行っていますよね

カラーコンタクトと使うだけで、おしゃれに変身でき、変わることが出来るようになってきているからでしょうか。

ここでカラーコンタクトの魅力はどういう所にあるのかまとめてみました。

ある研究では、瞳と白目の部分には黄金比率があるということが分かってきました。

そのバランスは白目、瞳、白目の部分が1:2:1の比率が一番魅力的に見えるそうです。

カラコン 黄金比率 - Google 検索

ですので、ある程度瞳が大きい必要があると言う事です。

その理由は、瞳が大きい人と小さい人を比べた時に、瞳が大きい人を見た人々が、そちらの方のほうが安心感があるという答えが多かったのです。

おそらく人は可愛いモノや、赤ちゃんなどを見た時に瞳が大きくなる傾向にあるそうですが、その瞳が大きくなると、人々に安心感を与えるというのは、どこかリンクしているように思えますよね。

そのことを応用して、カラーコンタクトを使って瞳を大きくすることは人々に安心感や良い印象を与えることが出来るという事です。

また、目力などが欲しい人にとってもいいアイテムだと言えます。

瞳の部分が大きくなる事で目力は生まれますので、気になっている方はこの機会にチェックしてみるのも良いかもしれません。

今ではネットに充実などによってキュンキュンなどの通販のサイトも増えてきていますので、自分に合うようなカラーコンタクトを見つけることが出来ると思います。

最近よく耳にするまつ毛エクステ

アイラッシュ専門店でつけることのできるまつ毛専用のエクステンションですが、目の周りのことだから試してみたいけど、ヘアエクステみたいになかなか気軽にはできず不安も多いという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方にアイラッシュがいかに安心で便利か、メリットをご紹介します。

アイラッシュ - Google 検索 (3)

これまでみなさんは、つけまつ毛をしたことがありますか。

つけまつ毛は、つけまつ毛に専用の接着剤をつけて、それを直接瞼にくっつけていますが、アイラッシュは瞼から数ミリ離れた位置に接着剤をつけまつげを埋め込むように装着していきます。

瞼に直接接着剤がつかないので皮膚に影響がなく安全です。

毎晩毎朝とったりはずしたりという手間も省けとても便利ですし、また、つけまつ毛より自然な仕上がりが期待できるので、いかにもという感じがなくなります。

またカールを施したり、ご自分の好きな長さも選べるので、これまでビューラーで傷めてしまっていたまつ毛をより健康に保つこともできます。

何よりデカ眼効果がありますので、これまで時間をかけていたアイメイクも短縮することができ、理想のパッチリ眼を手に入れることができます。

アイラッシュはサロンで専門スタッフによって行われます。

渋谷などアイラッシュ専門サロン(Deicy渋谷店)などの多く集まる街には高い技術をもった施術師がいるサロンも沢山あるので、心配することなくアイラッシュに挑戦してみてください。

美容室でヘアカラーをしてもらった後に、自宅で当日に髪を洗っていた方も多いと思います

美容室 シャンプー - Google 検索

実はヘアカラーの後に自宅で髪を洗わない方が良いそうです。

今まで洗っていた方は何でだろうと感じる方も多いと思いますが、その理由は、ヘアカラーをした後の髪は膨張状態にあるので水分であったり、シャンプーなどの液に非常に弱い状態となっています。

また、膨張状態の時にシャンプーをしてしまいますと髪が弱っているので、色落ちの原因なってしまうそうです。

さらに悪い事に髪にとっては必要なたんぱく質までもが流れ落ちてしまうそうなので、髪は翌日に洗った方が良いですね。

そうすることで、カラーリングした髪も色が落ち着いてきます。

さらに美容室では気を付けた方がいい事を教えていただきました。

それは紫外線です。

カラーリングした髪に紫外線を当て続けてしまいますと、カラーリングした色が抜けてしまうだけでなく、髪にもダメージを与えてしまう事になります。

それほどにまで紫外線は髪にとって天敵なのです。

ではどのような対策が必要かと言いますと、最近ではよく目にするようになったと思うのですが、髪にかける紫外線対策用のスプレーがありますので、こちらを利用してみるのも良いかもしれません。

または日傘なども活用して対策していくことがお勧めです。

バロン高田馬場店バロン福岡天神店など有名な美容室でキレイにカラーリングしてもらった髪を守るためにも、上記のようなことを積極的に取り入れていきたいですね。

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>